step closer to blue

休む必要性

うつかもしれないと思ったとき

うつの症状には、うつ病特有のものがほとんどありません。嫌なことがあったり、悩みなどで不安になったりすると、中々寝付けなかったりすぐ目が覚めてしまうなど、普段の生活の中でもよくあることです。そういう時は、おしいいものを食べたり、趣味を楽しむなどでストレス解消して普段通りに戻ることが殆どだと思います。 しかし、原因のわからない気分の落ち込みが1週間から2週間続いていると注意が必要です。普段から自然とやっている事を面倒だと感じるようになったり、好きな事でも楽しめなくなるなどの症状も同時に出ることがあります。 その様な症状が続き、仕事の失敗や集中力を欠くなど、普段通りに過ごせていないと感じたら、精神科や心療内科といった専門機関の診断を受ける事を考えましょう。

休むことも治療の一環

うつの診断を受け、うつ病と診断されたら、まずは休むことが必要です。特に気分の落ち込みである抑うつ状態がひどくなっている方は、十分に休養を取らなければいけません。うつの診断を受けた方は、同時に薬物療法も行うことが多くあります。うつ病の薬物療法は、栄養剤で元気になるのとはまったく違うので、薬を飲んだら治るわけではありません。 休むときにも気をつける点があります。何もせずにいるから休んでいると考える方も多くいますが、環境が合っていなければ逆効果になることもあります。他人が常に出入りしたり、家族の理解が得られないなど、イライラしたり気を使ってしまう状況を出来るだけなくす必要があります。 どうしても静かな環境を用意出来ない時には、入院をしてじっくりと静養するという選択肢も存在します。