AOZORA

原因を知っておく

うつの診断受け方はまずは病気に関して詳しく理解して向き合っていきましょう。あなたに合った治療が見つかるかもしれませんよ。

うつ病は現代病の一つ

うつ病は20世紀にはいってから広く認識され始めた心の病気の一種です。心の病気と言っても正確には脳内の分泌物質が乱れることが原因で、うつ病になる原因の一つに食生活があるとも考えられています。食事の西洋化が進み、現代の日本人の食卓からは魚の量が減少しています。青魚を中心とした魚介類ににはDHAが豊富に含まれています。DHAが不足すると、幸せホルモンと呼ばれているセロトニンの生成量が減少することが報告されています。そのためストレスに対する耐性が減少し、会社や学校で嫌なことがあるとうつ状態に陥りやすくなってしまいます。また、インターネットの普及によって直接会っての対人関係が希薄になってしまったことも原因の1つでしょう。うつ病と診断される人の多くは完璧主義で自尊心が強く、これまであまり失敗をしてきたことがない人が多いのも特徴です。

多様化する原因を診断するには

一言にうつ病と言っても原因はさまざまです。特定の風邪のように決まったウィルスが原因というわけではないので、うつ病の患者さんに対しては一人ひとりカウンセリングを行い、個々のパーソナリティーを診断することが必要になってきます。例えば同じことを言われたとしても、その感じ取り方は一人ひとり違っているように、何に対してどの程度のストレスを感じるのかも人それぞれ違います。従来のうつ病のように、何をしても常にうつ状態の患者さんには薬の処方で気持ちを安定させることができますが、近年若年層で流行っている「新型うつ」と診断された患者さんに対しては薬が効きにくいことが報告されています。一人ひとりを診断することで、その人にあったストレスケアの方法を考えなくてはなりません。

辛い症状を我慢しないで受診

うつ病は誰でもなる可能性があります。自覚症状としてはやる気が出なかったり、何となく気持ちがすっきりしないなど軽い症状から、徐々に起きる事も辛い位の重い症状になる事もあります。あまり無理をしないで、心療内科を受診し心を休める事大切です。中には思い切って休職して治療に専念するケースもあります。うつ病の症状は人によって異なりますので正しい診断が重要になります。診断するまでに数回受診して様子を見た上で正確な診断となります。精神疾患には色々な病気があります。正しく診断をして適した治療を行う事が回復への道となりますので、慎重に診断されます。うつ病は自分で自覚できる場合と出来ない場合があります。家族が気が付いて受診するケースもあります。

徐々に気持ちが軽くなる

うつ病は正しい治療を行えば、次第に回復してきます。気持ちも楽になってきますので、落ち着けば社会復帰が可能ですし、軽い症状であれば仕事をしながら通院で治療を進める事も出来ます。しかしよくなったからと言って自己判断で治療をやめてしまうと元に戻ってしまう事もありますので、必ず医師の指示に従って行く事が大事です。長期的に様子をみながら薬を処方されていきますので、医師の指示がある期間は気持ちが楽になっても薬を飲み続ける必要があります。心療内科ですと比較的敷居も低く通いやすいイメージになります。オフィス街にもありますので、通いやすいクリニックを選んで受診するといいです。ストレスの多い社会ですから気楽に利用する感覚でいるといいです。

相談窓口は大きく開かれています

気分が落ち込んだ時などは、自分はうつかもと思う時はありませんか。 気分の浮き沈みは誰にでもあることです。 ですが、実際うつ病にかかる事だって誰にでもあり得ることで、なんら特別なことではないのです。 現代社会は、極論で言えばがんじがらめとも言える窮屈な社会と言えます。 ですが人間という生物がこのような社会で生活するようになってから、まだ僅かな時しか経っていません。 うつは糖尿病などと同じく、自然の中で暮らしていた時にはあり得ない状態に対しての、当然といってもいい症状と言えるでしょう。 さて、だからといって現代社会が悪な訳でもありません。 糖尿病には食事習慣による対策を、うつに対してはメンタルケアなどで対策を取れるのも現代社会です。 うつに対して相談窓口が大きく開かれるのは当たり前の事であり、私達は気兼ね無くそれを利用すればいいのです。

取り組みを知る

うつ病は現在増加傾向にある病気です。そのため、発症させないように国や企業で様々な取り組みが行われています。早期診断を促すことや簡単なチェックを行うといった取り組みが行われています。

詳細を読む

費用を気をつける

うつ病の診断を行う際には、当たり前ですが、費用がかかってしまいます。そのため、事前にどれくらいの費用が掛かるのか知ることが重要になっていくのです。まずは名医を探すことが大切です。

詳細を読む

休む必要性

自身がうつ病になっている可能性がある場合には、無理に働くのではなく、休みを取ることが重要になっていきます。会社に連絡を行い、吸う週間休むことによって早く改善することができるのです。

詳細を読む

ストレスが原因

うつ病の一番の原因はストレスです。仕事のストレスや、人間関係に関するストレスなど人によって様々です。自身にとって、何が原因になっているのか確認することが必要になるのです。

詳細を読む

慎重にしっかりと

うつ病は、自身に自覚がないことも少なくない病気です。そのため専門医はうつ病に関する検査を慎重に行ってくれます。そのため安心して任せることが出来るのです。最近では誤審を失くすことにも力を入れています。

詳細を読む